備後カメラ部

備後在住カメラマンがファインダー越しに映る世界を発信

【蛍ポートレート】ホタル撮影方法や合成方法は?ホタル雑学も紹介/備後カメラ部

time 2018/06/03

【蛍ポートレート】ホタル撮影方法や合成方法は?ホタル雑学も紹介/備後カメラ部
sponsored link

6月の風物詩、ホタルを撮影しよう!

蛍の季節、幻想的に光を放ち感動を与えてくれる蛍。ただ見るだけでも思わず歓声がでてしまいそうですがホタルの撮影はどのような感じですればよいのでしょうか?正解はありませんがこれまでに撮影した自分なりの撮影を紹介します!

真・さかもと整体館(肩こり改善)

■ホタルの雑学

ホタルの種類は世界で約4000種、日本では約40種の数がいると言われ、日本では主に『ゲンジボタル』、『ヒメボタル』、『ヘイケホタル』がいます。

ホタルを見るためには一定の条件が必要であり以下の条件があげられます。

・19時~21時ごろ

・雨上がりで湿度が高い

・風がない

・月明かりがない

など天候にもよく左右されますね。

そして、なぜホタルは光るのでしょうか?

空を飛んでいるのはほとんどがゲンジボタルのオスでメスは草や木の葉に止まり小さな光を発光しています。光る理由は求愛、刺激された時の光、外敵から身を守るための光の3種類があります。

ホタルが光るのはお尻の近い部分に発光器がありその中には『ルシフェリン』という発光物質と発光をヘルプする『ルシフェラーゼ』という酵素が反応して光をだしているんですね!

■ホタル撮影に必要なものは?

ホタルを撮影するにあたって必要な物は以下の3つになります。

◯一眼レフカメラ

ホタルの光跡を撮影するにはスマートフォンでは難しいため一眼レフカメラが必要となります。

◯カメラ用の三脚

また夜の撮影は手持ちではブレますので三脚があった方が良いでしょう。

◯レリーズ

カメラの端子につなぐリモコンスイッチです。三脚でカメラを固定してスイッチを押すことで撮影できるかもしれませんがそれだと押したときの少しの振動でカメラがブレる可能性が高いので専用のレリーズを使いましょう。下のように少し変わった無線レリーズもあります。

 

また、できることならF値の低いカメラレンズがあると夜の撮影に強いです。下のレンズは私も使用していますが比較的安く購入できるF値の低いレンズです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EF5018STM キヤノン EF50mm F1.8 STM [EF5018STM]【返品種別A】
価格:14090円(税込、送料無料) (2018/6/3時点)

 

あと、ホタルは他の光を嫌うのでカメラの液晶の明るさを隠すためのタオルや布などがあると便利です。

■いざ、ホタル撮影!

ホタル撮影はまずどのあたりに蛍が飛ぶのか場所探しから始まります。できれば2日間に渡り一日目はどの辺りに蛍が飛んでいるのか下見をすることをおすすめします。

そして飛んでいるような場所に目星をつけてカメラをセットします。暗くなるとピントを合わせるのは少し困難になってくるのでできればまだ暗くなる前にセットしてピントを合わせましょう。もし暗いときにピントを合わせる場合は街灯などを探してピントを合わせて調整しましょう。

あとはホタルがでてくるのを待ちシャッターを長押するだけとなります。

ホタルの撮影は長時間露光という撮影を行いますがカメラをバルブ設定にしF値は一番低い設定、ISO感度は撮影場所にもよりますが400~1600ぐらいに私は設定しています。ISO感度は高ければ高いほど明るく写りますがノイズにより画面がザラつくので個人的には400~800ぐらいがちょうど良い気がします。

シャッターを切っている時間が長ければ長いほどホタルの光跡が映ると思います。この辺りは好みにもよるので撮影現場でいろいろ調整してみてください。

■合成による蛍の表現!

ホタルが大量に待っているような写真を見たことがある方は多いと思います。全てではありませんがこれは蛍の写真を何枚か重ねています。

実際の撮影例をもとに解説していきます。

1枚目 F値 4.5 / 露出時間 68秒 / ISO感度 800

2枚目 F値 4.5 / 露出時間 47秒 / ISO感度 800

3枚目 F値 4.5  / 露出時間 59秒 / ISO感度 800

4枚目 F値 4.5 / 露出時間 159秒 / ISO感度 800

この4枚をフォトショップという画像編集ソフトで合成するとホタルがたくさん舞上がっているようなものになりました。

さらにまだ暗くなる前に撮影した人物が写っているこの写真。

これをさらにプラス合成しライトルームという写真編集ソフトで編集するとホタルを眺めているようなものが出来上がりました。

注意点は人物を絡ませるものを撮影するなら撮った位置からカメラを動かさないことです、動かしてしまうと合成にズレが生じます。

合成じゃないかと言う声が聞こえてきそうですが自分の中では昨年、この場所でホタル撮影をしてから次は人物とホタルが一緒になった写真を見たかったと思う結果このような仕上がりとなりました。

私自身も初めての試みでどうなるかと思いましたが撮影当日はまだこの場所には誰もおらず贅沢な撮影時間を過ごさせていただきました。

たくさんの人がホタルを観賞する時期はちょっと難しいかもしれないのでいち早くホタルが出る時期を察し撮影現場に行き撮影するということが今回のポイント。

■蛍撮影スポットはどこ?

福山市に住んでいる私が撮影したホタルの場所はこちらで紹介していますのであわせてごらんいただけたらと思います。

最後にホラー的な要素を含んだ写真を紹介して終わります。

それでは。。。。

~ホタルの亡霊~

備後カメラ部 Yusuke Minami
https://www.facebook.com/YusukeMinami/
https://www.instagram.com/yusukeminamihikari/

備後カメラ部facebookページ
https://www.facebook.com/bingocamerabu/

備後カメラ部インスタグラムページ
https://www.instagram.com/bingocamerabu/

福山情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

真・さかもと整体館(肩こり改善)

sponsored link
  

この記事を書いた人

Yusuke Minami
Yusuke Minami
一眼レフカメラ歴4年目。約5年前に福山に魅力を感じ関東から福山市へ移住。2018年、鞆の浦日本遺産認定のメイン写真に採用。本職は福山コロナワールドにある「真・さかもと整体館」の代表、整体師。その傍ら『瀬戸内Finder』のフォトライターとしても活動しています。

【受賞歴】
ポピーフォトコンテスト2015 優秀賞
コスモスフォトコンテスト2015 最優秀賞&優秀賞
菜の花フォトコンテスト2016 優秀賞&佳作
第23回 景観づくり大賞 ふるさと特別賞
ポピーフォトコンテスト2016 優秀賞
ひまわりフォトコンテスト2016 最優秀賞&優秀賞
小さなローラフォトコンテスト ローズマインド賞(最優秀賞)
第12回新温泉町フォトコンテスト 金賞
コスモスフォトコンテスト2016 最優秀賞&佳作
耕三寺紅葉写真コンテスト 優秀作&優秀作(モバイル)
しまなみ海道フォトコンテスト 優秀賞&佳作
ひまわりフォトコンテスト2017 優秀賞
観光・ふちゅうフォトコンテスト 入選
ふくやま観光写真コンテスト 入選
美びんごフォトコンテスト 最優秀賞

down

コメントする

ヒカリの写真

Yusuke Minamiのヒカリの写真

真・さかもと整体館

真・さかもと整体館

ポストカード販売サイト

お問い合わせ

お問い合わせ