備後カメラ部

備後在住カメラマンがファインダー越しに映る世界を発信

【千畳閣のイチョウ】秋の宮島豊国神社で大銀杏が映える!!/広島県廿日市市

time 2020/10/21

【千畳閣のイチョウ】秋の宮島豊国神社で大銀杏が映える!!/広島県廿日市市
sponsored link

秋の宮島に映える、千畳閣の床イチョウ!

広島県の紅葉スポットはたくさんありますがその中でも秋に注目するのは広島県廿日市市の世界遺産・宮島の千畳閣(せんじょうかく)です。千畳閣は秋になると大銀杏が映える銀杏スポットです。千畳閣では建物内から撮影すると芸術の1枚を撮影することができます。

備後カメラ部YouTube動画

豊臣秀吉が発願した千畳閣とは?

床イチョウの前に千畳閣について簡単に紹介していきましょう。

国の重要文化財である豊国神社(ほうこくじんじゃ)は857畳の畳を敷くことができることから『千畳閣(せんんじょうかく)』と呼ばれるようになりました。

歴史を振り返ると天正15年(1587)豊臣秀吉公が、千部経の転読供養をするため発願し、安国寺恵瓊(あんこくじえけい)に建立を命じました。

しかし、秀吉の死により板壁も天井の板もない未完成の状態のまま現在にいたっています。 明治時代に秀吉公と加藤清正公が祀られ、豊国神社となっています。

千畳閣の瓦には『王』の文字が刻印されており、農民から天下人までのしあがった豊臣秀吉の祭神から出世の御利益があるとされています。

拝観料は大人100円 小中学生50円です。

拝観時間は8時~16時30分となっております。

秋の芸術、千畳閣の床イチョウ!

千畳閣の魅力の一つとして境内外から見える大銀杏があります。

この大銀杏は秋の11月下旬ごろ黄色に色づきます。境内の縁側からは宮島の景色とイチョウを眺めることができます。

それとはまた別に境内から銀杏を額縁に見たててみることもできます。

そして、なんと千畳閣の床を見ると銀杏が床に反射しています。

これは秋の芸術と言わんばかりに美しい景色を眺めることができました。

しかし、近年この景色を撮影しようとカメラマンが待機し銀杏に近づくと声を荒げて移動を促すことも増えているようです。いい写真を撮影したいのはカメラマンとして理解できます。ただこの場所に入っている人は拝観料を払っており、みなさんが千畳閣の空間を楽しむ時間です。

私はピーク時の日中に伺いましたがほんとに人が多く賑わっていました。目的の銀杏撮影ができるベストポジションには常に人がいたので宮島散策をして人が少なくなる閉館前に再入場して撮影しました。

ほんとに素敵な場所だからこそ配慮して撮影や鑑賞を楽しみたいですね。

秋の宮島に行く際はぜひ千畳閣にも足を運んでみてください!

◯千畳閣
所在地/広島県廿日市市宮島町1
拝観料/大人100円 こども50
拝観時間/830分〜1630
問い合わせ/0829-44-2020
Googleマップはこちら

千畳閣~秋の佇まい~

※広島紅葉スポットはこちら

備後カメラ部 Yusuke Minami
https://www.facebook.com/YusukeMinami/
https://www.instagram.com/yusukeminamihikari/

備後カメラ部facebookページ
https://www.facebook.com/bingocamerabu/

備後カメラ部インスタグラムページ
https://www.instagram.com/bingocamerabu/

備後カメラ部twitter
https://twitter.com/bingocamerabu

備後カメラ部YouTubeチャンネル
https://bit.ly/2NlXhTE
https://www.youtube.com/channel/UC6L_nttaonzceq1GriHK5Sw/videos?view_as=subscriber

福山情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

真・さかもと整体館(福山コロナワールド)

sponsored link
  

down

コメントする

備後カメラ部動画チャンネル

備後カメラ部YouTubeチャンネル

真・さかもと整体館   (肩こり超絶改善)

真・さかもと整体館

備後カメラ部通販サイト

お問い合わせ

お問い合わせ